SturmgeschutzIII Ausf.B
 
III号突撃砲B型(ドラゴン 1/35 No.6008)











車体の加工


ドラゴンのキットではフェンダーは車体下部に接着するようになっていますが、メンテナンス性を考慮して車体上部に固定します。
車体上部、前部の分割位置は写真のようにしました。プラ板でツメをつくっています。

OVMは一部、タミヤの3突G型や4号戦車車外装備品セットから流用しています。
省略されているリベットも適宜追加しています。
溶接跡はプラペーパーの細切を張り付け、流し込みタイプの接着剤を塗って溶かし、ヘラを使って再現しました。



車体後部の分割はキットのままです。ここにもプラ板でツメをつくっています。(黄色の矢印)

履帯張度調整ボルト(赤色の矢印)が履帯に干渉するので、一度切り離し内側にずらして固定し直しています。固定し直す際、真鍮線を通して補強しています。





起動輪基部の加工


デファレンシャルカバーはナットが通るように穴を開けて車体に固定しています。
矢印の部分は起動輪に干渉するので削っています。





戦闘室後部の傾斜角


ドラゴンのキットの戦闘室後部の傾斜角は少ないように感じるので修正しています。手抜きしてそのままにしておこう、とも思ったのですが短砲身の3号突撃砲の平たいフォルムのイメージを崩しているように思うので修正しました。左側は修正前の写真です。





主砲の上下


3Chで主砲が上下に可動するようにしています。
サーボはユニオンのマイクロサーボUM-9Gを使用。





前へ

完成品はこちら


[ラジコン戦車] [模型/ラジコン] [HOME] [BBS]