Schwerer Zugkraftwagen 18t (Sd.Kfz.9) "FAMO"
 
ドイツ18トン重ハーフトラック FAMO(ファモ)(タミヤ 1/35 MM-No.239)





駆動系の工作





ギアボックスは自作です。ギアは現行のツインモーターギアボックスと旧リモコンギアボックスから流用し、組み合わせて使用しています。
起動輪は内部にM3ナットを組み込み、3mmシャフトで固定します。
起動輪のシャフトの軸受けは、外側にはボールベアリングを組み込んでいます。反対側は内径3mmの金属パイプを使用しています。
今回は1個のアンプで2個のモーターを駆動させます。(一応、左右の起動輪を別々にコントロールできるようになっています)
使用したモーターは「Micron13」というマイクロサーボを分解して取り出したものです。アンプもこのサーボのものを流用します。



転輪のサスアームはM3ナットがピッタリ合ったのでナットで固定しています。
各アームは車体側の位置決め用のピンを削り取り、フリーで上下に可動するようにしています。最後部のアームのみは固定しています。



本体のみ組み立て終了。
フィギュアや、荷台上のアクセサリを追加する予定です。


ひのきさんのHP「ひのきの模型工房」のオフ会のページにFAMO2台(ひのきさんと私)で3号戦車(ひのきさん製作)を牽引しているムービーがアップされています。そちらも是非、ご覧になってください。


完成品はこちら
1:ステアリングの加工 2:転輪の加工

[作業室] [HOME] [BBS]