HOTARU's Website = Gokigen_ikaga =

"Alicia" New Beetle 1/24 [Making]


フジミ きゃらdeCAR〜る 『MagusTale』アリシア 1/24 製作記




フジミの「きゃら de CAR〜る!!」第3弾「マギウステイル アリシア=インファンス」です。
今回はキットに付属のRX-7(FD)は使わず、下地処理だけ済んで放置していたタミヤのニュービートルを犠牲車(笑)に。
ボンネットとトランクのVWのエンブレムを取付ける部分の凹みはデカールを貼るのに邪魔なので埋めました。 フロントのナンバーも削り落とせば良かったかも。

塗装

ボディ色はキャラクター(アリシア)の服の色に合わせ、自作の青みがかかったメタリックグリーン。
クレオスのメタリックグリーンをベースに、青竹色、クリアーブルー(旧)、隠し味にガイアのブライトゴールドを混ぜています。 キャラ絵のデカールを貼るため、派手過ぎず地味過ぎずの色味をねらってみました。 下地にはガイアのエメラルドグリーンを塗り、一番目の細かいスポンジペーパーで中研ぎしてます。
ツヤ有りの塗装は厚吹きすると塗装面が平滑になるのですが、 メタリックの場合は厚く塗ると塗膜の中で金属粒子が沈殿してムラが出てしまうので薄く薄く何度も塗り重ねていきます。
長時間エアブラシで吹いているとカップの中でも金属粒子が沈殿して色味が変わってくることがあるので、時々カップの中の塗料を撹拌してやるか、 カップに少なめに塗料を入れてこまめに撹拌した塗料を継ぎ足すようにすると良いです。私は後者の方法で塗ってます。
薄く塗ると塗装面が砂吹きのようにザラついてしまいます。そのままデカールを貼るとシルバリングがおきやすくなるため、 クリアを一度吹いて表面を滑らかにして下地を作っておきます。

デカール

フジミのシルクスクリーン印刷のデカールですが、ものすごくいいです!
クレオスのマークセッターを使って貼りました。




リアウィンドウにはアリシアのグラフィックが引き立つようにスモークを塗っています。 スモークは髪の色に合わせてパープル系のスモークにしています。



・透けない
シルクスクリーン印刷なので色の透けがほとんどありません。
オフセット印刷の他社の製品は改良されてきてはいますが、やはり多少は透けがあります。

・余白のニス
透明度が非常に高いです。
貼ってる最中もどこまでがニスなのかわかんなくなることがありました。
余白も少なく、特に切り取る必要もありませんでした。

・硬さ
かなり硬く、しっかりしています。
ネットでの評判は「硬すぎて曲面になじまない、ソフターも効かなくて使いにくい」という意見がありますが、熱湯を含ませた綿棒を使えばかなりの曲面になじみます。 熱湯綿棒を使って、あせらずゆっくり少しずつ、シワをのばす方向を考えながら押さえていけば綺麗に貼ることができます。

・強度
凹部に密着させるために熱湯綿棒で強めに押さえても破れるようなことはありませんでした。

・失敗
一部気に入らなかったデカールがあって剥がすことにしたのですが、一晩たったら強力に接着されてるうえ、デカールが丈夫過ぎて大変な作業に・・・。
テープで剥がそうと試みたのですが、一部が少し剥がれる程度で8割がたは強力に貼り付いたままです。
普通のデカールならばマークソフターをたっぷり塗って軟らかくなったところを綿棒などでこすれば綺麗にはがれるのですが、 フジミのデカールにはマークソフターは全く効きませんでした。
アクリルシンナーも使ってみたのですが、透明のニスの部分は軟らかくなりましたが、絵柄が印刷されている部分にはほとんど影響ありませんでした。
ラッカーシンナーは下地の塗装が傷むので使のは怖いし・・・。
中途半端に剥がしかけてしまっているで、剥がしかけたデカールは全部剥がすしかありません。 結局、お湯をかけながら割り箸を削ったヘラでカリカリと削ってなんとか剥がせました。ちょっと下地の塗装も傷めていまいましたけど。


ニュービートル

タミヤの1/24。
ほぼ素組。ディテールアップはサイドマーカーをクリアパーツに置き換えたくらいです。
VWのエンブレム、ハイマウントストップランプ、アンテナはキャラ絵のデカールにかかってしまって鬱陶しいのでスムージングしています。



)当サイト上の画像、及び文章の全て、または一部の無断使用、無断転載を禁じます。
Copyright (c) 1998-2010 Shimomura Kazuharu "HOTARU" All Rights Reserved.